死んだ乳酸菌も実は役に立つ?「乳酸菌生産物質」

 

お腹を元気にすると言われている、ヨーグルトやキムチ、味噌、粕漬けなどの発酵食品。あなたは発酵食品を食べていますか?

 

発酵食品には多くの乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸の中で病原体などから体を守る善玉菌に活力を与え、健康を保つ力を発揮しています。

 

「人は乳酸菌を摂ってますが、菌は胃の中でほとんど胃酸で死んでしまって腸に届かない…」
それは誤解でした。

 

死んだ乳酸菌は、お腹の中で充分に働いていることが、乳酸菌のもつ力の研究により明らかになりました。それが乳酸菌から産まれた「乳酸菌生産物質」だったのです。

 

人の免疫力を高める乳酸菌生産物質とは、乳酸菌をはじめとする100兆個にも及ぶ腸内細菌の神秘。腸は健康のバロメーターといわれています。それは栄養分を吸収する機能のほかに、血液や免疫力をつくる重要な働きを持っているためです。

 

腸に届くサプリメントとして期待されている乳酸菌生産物質と、それを培養することに成功した人の力。

 

ヨーグルト、味噌、ワインといったありとあらゆる健康食品に含まれている乳酸菌。人の健康を守っていてくれているのです。

 

乳酸菌の研究を始めて半世紀以上。世界的権威である東京大学名誉教授の光岡知足氏。今なお乳酸菌の力を追い求めて研究を続けています。

 

「乳酸菌というのは、糖を発酵して乳酸をつくる菌。腸の中のpH、pHとは酸のことなんですが、酸がグーッと下がるわけです。中性が7.0ですけども、乳酸菌が入ってくると、赤ちゃんはビフィズス菌が非常に多いですけども、4.5まで下がってしまうと他の乳酸菌以外のものが発育しにくい環境になってしまう。例えば、大腸菌なんかは4.5なら絶対に入らない。腸の中には、善玉菌と悪玉菌とその中間になるような菌があります。
善玉菌の代表が乳酸菌です。乳酸菌といっても色々あります。人では乳酸菌の中でもビフィズス菌。乳酸桿菌ではなくて、ビフィズス菌が最優先。
悪玉菌の代表は大腸菌とかウエルシュ菌とか腐敗を起こす、腐敗産物を出して毒素をつくったりする菌ですね。それが増殖してくると腐敗産物が多くなると同時に、それが吸収されて体に色んな不都合なことを起こす」

 

生まれた直後の人の腸内は大腸菌であふれていますが、母乳とともに入ってきたビフィズス菌によってこの数は減っていきます。しかし、ビフィズス菌は離乳時期を過ぎると減り、成年期を過ぎると勢力が弱まってしまいます。これは生活の中で生まれてくるストレスに原因があるといわれています。

 

■乳酸菌は胃酸で死んでしまうのでは?
それは誤解だと教授は言います。
「乳酸菌は生きていなくても、死菌になっても腸内環境をよくして、免疫力を高めたり、糖尿病によかったり、コレステロールを低くしたり、こういう働きがある」
乳酸菌は死んでも腸の中では健康に有効な働きをしていました。

 

人間の健康に本当に有効なものを基本テーマに、長年乳酸菌生産物質の研究、開発を行なってきた会社があります。乳酸菌を培養する時に、人の腸内の環境に極めて似た状態をつくりだすことで、乳酸菌が自ら持っている力を発揮できるようにしているのです。

 

本来は体内のみで生成される物質、それが人の手によって培養されています。

 

「乳酸菌がみなさまのお腹の中でつくりだしている同じ物質を、体の外で我々がつくっているというものです。乳酸菌そのものではなくて、乳酸菌が出した物質をとる。もちろん、乳酸菌そのものにも菌にくっついて離れない菌体成分もあります。菌が出したもの、いわゆる代謝産物といってますけど、それも一緒に摂ろうという、いわゆる乳酸菌生産物質といわれていますが、アミノ酸だとかペプチド、多糖類だとか…」

 

乳酸菌生産物質とは、体の外で善玉菌である乳酸菌が作り出した物質で、体内に入っても胃酸などの影響を受けずに腸に届き、有用な栄養成分を含んだものです。
これはバイオジェニックスと呼ばれ、腸内の健康を保つのに有効な物質だったのです。

 

■なぜ、豆乳を使って培養するのでしょうか?
「当時、豆乳で乳酸菌を発酵するなんてことはまるっきり考えもしなかったことなんです。豆乳の中のアミノ酸系を乳酸菌とかビフィズス菌がエサにして、それをまた分解して出してということですね」

 

豆乳を使った乳酸菌生産物のつくる工程です。乳酸菌のエサとなる大豆には豆乳作りが大事です。

 

大豆を12時間水に浸し、柔らかくなった大豆を粉砕します。
粉砕した大豆に100℃の熱を加えます。
加熱された大豆を搾ると、培地となる豆乳が出来上がります。
豆乳は大きな窯の中で滅菌されます。乳酸菌をつくるうえで大切なことです。
滅菌された豆乳の熱をとった後、元菌の植え付けが行なわれます。

 

乳酸菌の製造は現在に至るまで50年渡り、植え継ぎを行なってきました。
乳酸菌生産物質の元になる元菌は、1種類の菌ではなく複数の菌を同じ培地内で培養する、共生培養でつくられます。これが良い代謝物質をつくる鍵になっています。

 

「元菌という我々がいのちとしている菌をずっと継体培養といいまして、受け継いで保存するのと、あとは新しい組み合わせができないかと研究しています。24番、これがビフィズス菌も元です。
始めは4種類だったのを8種類を共生させて、最後は16種類というふうに進化している」

 

培養に培養を重ね、今までに作り上げた乳酸菌は16種35株にのぼるといいます。乳酸菌は種類が多ければ多いほど優れた働きをするのです。

 

菌の接取後、培養液の中ではどんな変化が起こっているのでしょうか?
菌摂取直後は何の変化もありません。しかし12時間を過ぎると、豆乳の表面に少し変化がでて凹凸が見えてきました。更に24時間後には、ひび割れができて明らかに発酵が進んでる様子が伺えます。

 

「腸内ではヨーグルトの中の乳酸菌あるいは、外から摂った乳酸菌は増殖できない、住みつくことができないということが2.30年前にわかっています。バイオジェニックスというのは、プロバイオティクスとプレバイオティクスとバイオジェニックスという機能摂取するのに長けている。
プロバイオティクスというのはヨーグルトの生きた乳酸菌。プレバイオティクスはオリゴ糖など、腸内の乳酸菌に活力を与える糖物質。死んでても効くんですよということからバイオジェニックスは、免疫を高めたり、生態防御機能を高めたり、生活習慣病に有効なもの、それは腸内細菌に働く、働かないは別としてイイんだというのがバイオジェニックスなんです。」

 

120時間発酵された培養物は滅菌処理された後、ろ過されます。そして水分だけが流されます。
キレイな黄金色に輝く乳酸菌生産物質、豆乳発酵エキスの完成です。

 

「昭和34年にはすでに大豆をつかって豆乳をつくっていたんですが、企業秘密でした。当時、豆乳で乳酸菌を発酵させるなんて考えもしなかったことなんです。牛乳で発酵させるというのが1番だったんです。今になって豆乳がいいと、物性ですごい栄養素をもっていてて牛乳よりはるかに勝ると分かっきました。」
50年間守られてきた栽培技術により育てられた16種類の乳酸菌グループ。そこからつくられた乳酸菌生産物質、乳酸菌がつくり出した物質であり、その性質は乳酸菌とは異なります。

 

そもそも腸内には健康に関与する善玉菌が存在しています。しかし離乳すると体に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えてくるのです。乳酸菌生産物質は、この双方のバランスと整え、免疫系や代謝系の改善を促す働きしてくれます。

腸内環境美化でエイジングケア。ケフィアヨーグルトがオススメ。

 

エイジングケアて提案しているのが「腸内環境美化」っていうのと、「デトックス」の2つがあります。

 

腸内環境がどれだけお肌にいいかというは、ヘルス好き、ビューティー好きの女性だったらば耳にしたことがあるかもしれません。

 

本当に腸内環境をキレイにするとお肌はよくなるんです。だって当然、便秘が治るでしょ、便秘がお肌にいいわけないじゃないですか。

 

腸壁がキレイだと栄養の吸収が良くなるんですよね。食べたものを効率よく摂り入れられる。要らないもの、老廃物を排出する力が上がるんです。これがデトックスに繋がってくるわけですよね。

 

もう1つ、空気が乾燥してこれかれ風邪が流行ってくる季節になりますが、免疫力が上がる。腸の免疫をつかさどる力っていうのは大きいですよ。
腸内をキレイにして悪いことは1個もない。美肌にも健康にもイイ事尽くめなんです。だから私はここ数年ですね、腸内環境美化、美活を心がけているんです。

 

じゃあ何をやっているかご紹介したいと思います。
私はケフィアというものを朝晩ばっりち食べています。ケフィアって聞いたことありますか?

 

ヨーグルトみたいなものです。発酵乳ですから。だけども、ヨーグルトが乳酸菌1.2種類なのに対して、ケフィアは乳酸菌が6種類くらい入っていて、しかも酵母も入っているのが特長なんですね。

 

コーカサス地方という所で、長ーいこと食べられている健康食なんですって。私なんかは思い込みが激しいのでそれを聞いただけで、健康に良さそうって思っちゃいます。
最近ではスーパーマーケットとかでもケフィアを見かけるようになりましたけども、基本は発酵器に入れて自分で作るっていうのが主流みたいなんですね。

 

まずはですね、1Lミルクの入る容器です。この種(アスパック企業・ケフィアの素)が大事なんですよね。この中に乳酸菌6種類と酵母が入っているわけですが、これを入れてかき混ぜて、発酵器に入れます。フタをして24時間じっくり発酵させる、これがケフィアの特長なんです。

 

ヨーグルトみたいなものなんですけれども、実はとってもユルユルです。形がしっかりしているように見えるんですが、柔らかーい絹ごし豆腐みたいな感じ。お皿にいれると、もろもろもーろって崩れちゃうんですね。

 

ヨーグルトよりもずっと酸味も少ないので、酸っぱいのが苦手という人や、赤ちゃんや小さいお子さんにもとってもいいと思いますよ。動物にも食べさせる人がいるくらい、ペットにね。

 

乳酸菌情報