小腸の状態を正常にすることが大切!乳酸菌の摂取よりも食事を気をつける

 

 

もう最近は乳酸菌ブームでね。

 

ねえ、何かとテレビなんかでもCMもやってますし、新聞とか見てもいろいろ広告入ってますもんね。

 

で、乳酸菌、全部一緒だとみんな思っちゃうんだよね。

 

そうなんですよ、生きて腸に届くとかね、いろいろありますしね。

 

お腹に住んでる乳酸菌と食べておなかに行く乳酸菌とタイプが全然違うんですよ。

 

別物ですか。それは何が違うんですか?

 

お腹に住む乳酸菌て人によって、血液型によって住んでる菌のタイプが違うんですよ。同じ血液型でも微妙に指紋と同じように菌のタイプが違うんですよ。だから人には人の乳酸菌ってCMがありましたけど、実際にはあなたにはあなたの乳酸菌。

 

一人ずつ。そういえば以前おっしゃってたことありますね、一人ずつ調べることがあったら乳酸菌調べたらそれぞれが分かるっていうこともあるかもしれないですね。

 

腸内に常在している常在菌っていうのがいるわけですね。これは体と共生してるんですよ。異物じゃないの。例えば腸内ビブリオ菌とかねお腹に入ると異物なんですよ。異物に対して抗体が出来て、その抗体が腸へ入り込んで異物の雑菌の増殖を阻止する、あとやっつけて追い出す作業をするわけですよ。

 

下痢したり、そういうことですよね。

 

そうそう。でもお腹にいる常在菌にはそういうことしないわけですよ。要するに免疫反応が起きない。だから自分自身の細胞、腸壁とかあと腸に大量の腸液を分泌してるんですよ。それとあとお腹にいる乳酸菌と同じ抗原を持っている。要するに自分と同じような抗原を持っている、だから異物として認識されないんですよ。

 

共存共栄って感じですか。

 

異物として攻撃されないから定住してるわけですよ。だけど外から入ってくる乳酸菌は攻撃を受けて全部出ちゃうわけ。

 

じゃあ食べても一緒ってことですか?

 

だからお腹にいる間に整腸作用があるだろうってことで使われているけども、実際消化管の病気の人に使ってどうかっていうと非常に難しい、逆に状態が悪くなる患者さんがいるっていうね。私今まで知り合った先生方でおっしゃる方いますね。いかに自分自身の常在菌を元気にするかそれと小腸、小腸の常在菌一番大事なんですよ。小腸ってね、検査が出来なかったの。

 

そうなんですか!?小腸って大腸に行くまでのところですよね?

 

そう、胃は胃カメラがあるよね。大腸も内視鏡があるよね。小腸って検査できなかったんですよ。

 

遠いですもんね、そこまでって。

 

だって小腸6mあるもん。だから長いこと医学界ではね、小腸は沈黙の臓器って言われてたんですよ。分からないから。カプセル内視鏡なんかが出来て初めて検査が出来るようになって、思いのほか小腸に病変があるってってのが分かってきたんですね。

 

それ最近なんですね。

 

だから小腸の潰瘍があるんですよ。それとか糜爛、ただれなんか起こしてる人。特に医薬品で解熱鎮痛剤であるとか、脳卒中で倒れた後に飲む薬でバイアスピリン、アスピリン関係ね、これなんかも小腸の炎症をかなりおこす。

 

解熱鎮痛剤なんか本当皆さん普段から多用されている方多いですけどね、怖いんですねそう考えると。

 

小腸の粘膜に炎症が起きればやっぱ正常な血液が作れなくなってくるとかね、だから腸の病気、大腸の病気もあるけれど、でも大腸が病気になるっていうのは小腸の環境が悪いんだよっていう話ずっとやってきたんですよ。そういったこともだんだん解明されるようになってきたんですね。

 

じゃあその小腸を元気にするためにも普通の乳酸菌を摂ってたんじゃ留まらないってことですね。

 

だから一番大事なのは常在菌を増やすために餌が必要ですから、いい餌を与える、食事気をつけるって事ね。それプラス私のオススメは乳酸菌生産物質。これは生菌じゃないから誰にでも合うはずなんですね。それと大腸のビフィズス菌を増やすのはオリゴ関係ね。オリゴ糖とかそういったものを使えばいいし、腸内環境をまず整えるオリゴ糖がまず健康の基本じゃないですかね。色々資料を頂いた菊池中央病院ってあるんですよ、ここのホームページご覧になったら中川院長のいろんな記事出てますから凄く参考になると思う。

 

どんなことかかれてるんですか?

 

ちょっと普通の病院とは違う内容、患者さんの事を考えて治療はこうあるべきだ、例えば風邪引いて抗生剤の乱用なんか絶対だめよとかね、家で安静にして治るのを待つべきなんだと。ただし酷い炎症が起きた時なんかは医薬品を必要なときに使わなきゃいけない症状もあるけどでも多くの症状は薬はいらないよという内容をかかれてたりとか。

 

でも西洋医学の先生でそういう風に書かれるって珍しいですよね。

 

珍しい珍しい。それとかねあと非アルコール性脂肪肝炎から肝臓癌でNASHっていう病気があるんですけど、これ歯周病菌も大きな原因だって書いてる。そういうこととか面白いことたくさん書いてる先生でね、私の資料が世の中の人の役に立つんだったらどんどん使っていただいて結構ですよっておっしゃって下さっていてね。