美味しい豆乳の作り方と豆乳のカロリーについて

 

 

最初に1番は美味しい豆乳の作り方。これはヤフーのブログで配信した内容をここに貼り付けてあるわけです。最初に説明したいのはここに大豆が300g置いてあります。これは健康セミナーにも話をしたんですが、私が取得している価格は300gで、100g40円で120円なんです。120円で私と妻の1週間分の豆乳ができるという恰好なんですね。それで次の、隣へ行きますとここに大豆、これは昨夜漬けて約12時間ぐらい漬けてある訳ですね。漬けますと、分量が約倍になります。大きくなって倍になるっていう格好ですね。それで全体的なことを説明しますと100gあたり443カロリーある訳です。これみなさんお調べになれば直ぐ解りますが、それで300gですから1300キロカロリーのエネルギーがあると、これを6回に分けて豆乳を作りますと、こういう格好な訳ですね。一回あたりの豆乳は50gでカロリーとしては216キロカロリー。これを私と妻が飲みますから豆乳だけで120カロリーくらいのね、栄養を吸収することができるという格好ですね。
この豆乳をここに書いてある圧力釜、この圧力釜は良質の圧力釜でないと駄目なんです。これに使用しているのはアサヒ軽金属の圧力釜ですね。これですと水の量はこんなもんでいいです。これよりもうちょっと入れていいですかね。これ品質の良い釜ですから火にかけて沸騰したらとめてOKと、それで十分にやわらかくなってます。このアサヒ軽金属の圧力釜は当時は128度まで上がるというね、日本では1番優秀な圧力釜ですね。これでやりますと沸騰してから火を止めていたという格好ですね。じゃあ一旦これを台所へ持って行ってこのアサヒ軽金属の圧力釜を活用してる方も多いと思うんですけどこれは随分経済的にいいですね。豆乳を作る場合でも沸騰しますとそれで128度まで上がりますから、もう完璧におからを含めて柔らかくなるという格好ですね。
火をつけて来たんですが、沸騰するまで5分少々かかると思いますからその間にちょっとだけね説明したいと思います。水分の分量などはここに書いてあるとおりですから省略します。食品の裏側というねご案内を保持してある訳です。これ販売されている豆乳は、豆乳だけじゃなくて全ての飲み物は全部添加物が入ってるわけです。そういう意味で食品の裏側、ナンバー6まで公開されてますけどね、4つだけここに引用されます。これを是非皆さんね日常的に化学物質を身体に入れないためにもこれをお読みになったらどうでしょうという格好ですね。これをお読みになりますと販売されているジュースとか販売されている豆乳なんかは飲む気が起こらないというのが実感じゃないかなと思います。それから案内してあります3番は今日私が配信したんですが、ごまの価額とごま入り豆乳の栄養価という格好でもうちょっと補足しますとごま100gあたりのカロリーはこれ私が知っている範囲では食品の中では最も栄養価が高いと思います。昨日書いた5番の栄養素の中では1日10から20g摂ったほうがいいというアドバイスがあります。豆乳を作るにあたっては2人で10gを豆乳の中に入れようという計画であとにご案内します。ここで価額面をきちっと掌握しますとごまの価額は業者が集まるスーパー、ポイントはそこなんですね。業者が集まるスーパーに行きますとごまは1キロあたり700円で売ってます。随分安いんですね700円。100gあたりの価額は70円です。参考までに大豆は前回の健康セミナーで話しましたように100gあたり40円、ただし一般のスーパーでは100円で売ってると。この価額差の問題は省略します。それから100gあたりのごまのカロリーは578キロカロリー、参考までに言うと大豆は433、それから豚、もも肉の赤、脂肪分のちょっと少ないとこですね、そこは100gあたり128キロカロリーしかないと。だからごまがいかにカロリーが多いかという格好ですね。それでごま100gあたりは57キロカロリーあるという格好ですね。それから7月27日ここに書いてあるように結論としては私と妻が飲んでいる豆乳のカロリーは大豆は50カロリーですから216、それからごまは20gですから114、合計330キロカロリー、ちょっと大きめのコップで2杯、1杯ずつ飲むわけですが2杯で330キロカロリーになるという格好ですね。もうちょっと補足しますとこのお値段は大豆は50gで20円です、わずか20円。ごまは20gで14円、合計で34円ですから、私と妻が2人で330キロカロリーの栄養のある豆乳を飲んでも2人で合計34円しかかからないと。一人あたりいくらかと言えば17円であるという格好ですね。そういうことで詳しくはこの資料を充分ご覧になっていただきたいと思います。豆乳が出来てきたようですからまた台所に行きます。
はいこういうふうに沸騰してきました。この状態で128度になりますからもう火は止めていいですね。あと温度が下がるまで15分ぐらいかかりますから、15分位たったらこの大豆を6つに分けるという格好ですね。圧力が落ちたので蓋を開けます。これはこういう状態になってますね。これをポイントは熱いうちにタッパに全部移すというのがポイントになりますね。これは6回分ですから6つに分けると、1パックがさっき言ったように220キロカロリーぐらいあるという格好でした。丁度この容器の分量で。インターネットのご案内の方は寸法は全部書いてありますからそれに似たような同じことをやろうかなという人は100円ショップで売ってますから、100円ショップでたしか3つで100円だったと思います。ちょっとバラつきがありますがいいでしょう。…